Only You

大切な人へ贈り物 オリジナルギフト・プレゼント紹介

436 views

子どもに初めての自転車を贈るならストライダーに決まり!

公園などで小さなお子さんが、ペダルのついていない2輪の自転車を足で地面を蹴りながら乗っている姿を見たことがありますか?ランニングバイクとも呼ばれる、あの自転車が「ストライダー」です。

近年は三輪車に乗っているお子さんと同数程度かそれ以上に多く見かけるようになりました。昔は「子どもの初めての自転車は三輪車」という印象が強くありましたが、最近はその考え方も変わってきています。

ストライダーの何が魅力なのでしょうか。お子さんの初めての自転車に選びたくなるストライダーの魅力をたっぷりとお伝えします。

 有名ブランドのレディース財布・時計・バッグなら『La rumeur』

三輪車vsストライダー それぞれのメリット・デメリット

子どもに初めて自転車を買い与えようと思った時、多くの方が三輪車を思い浮かべるのではないでしょうか。そこに選択肢の一つとして加わったのがストライダーです。それぞれの商品のメリット・デメリットをみていきましょう。

◎三輪車のメリット・デメリット

三輪車の対象年齢はだいたい1~4歳程度となっています。1歳から乗れるのが魅力ですが、実際に一人で漕げるようになるには時間がかかります。三輪のため安定感があり、なかなか転ぶことはありませんし、大人が操作をできる補助ハンドルがついている商品も多くあり安心感があるのが特徴です。反面、収納するためにはある程度のスペースが必要となります。

サドルより足を前に出して漕がなくてはならないため、おしりに重心がかかりやすく乗りこなせるまでにコツが必要となります。また、三輪車から自転車に乗り換えをする際には、サドルの下にペダルがあるという構造になかなか慣れられないということもあるようです。バランス感覚を保つこと、三輪車とは違う乗り方を覚えなければならないという点で、自転車への乗り換えに時間がかかることがあります。

◎ストライダーのメリット・デメリット

ストライダーの対象年齢は2~5歳(体重27㎏まで)です。2歳からしか乗ることができませんが、初めから自転車と同じようなサドル・ハンドル・足の位置関係のため、自転車への移行がスムーズにいきやすいという特徴があります。補助輪がついていないため、収納スペースは少なくて済みますし自転車に似たバランス感覚を養うことができます。

構造上、公道を走ることができないためストライダーが許可されている公園や私有地がないと乗ることができません。また、補助輪がないことで転ぶ回数も増えますからヘルメットやプロテクターをつける必要もあります。

ストライダーにはブレーキがない

足で地面を蹴りながら進むストライダーには、ブレーキがありません。それは子どもにとってはブレーキの操作が難しく、足で止める方が簡単だからです。「あぶない!」と思った瞬間には反射的に足が出ますので、ブレーキがなくてもちゃんと止まることができます。

シートに座って歩くことから始め、足を少し離す・両足を離す・立って乗るとステップアップしながら止まり方もしっかりとマスターしていきましょう。

ブレーキ・ブレーキワイヤーがないことで、ハンドルは360°回転させることができます。スポーツモデルは子どもでも握りやすい細めのグリップを採用しており、よりアクロバティックな乗り方をすることができるようになっています。

座り心地のいいシートを採用

スポーツモデルのシートにはクッション性のある軟質樹脂素材を採用しています。防水性もあるため、水たまりや悪路の走行でもお尻が痛くなったりシートが汚れてしまうこともありません。汚れたら濡れタオルでさっと拭くだけ、とお手入れも簡単です。

体格の変化に合わせられるロングポストシート

スポーツモデルにはシートポストが2種類付属されています。1つは標準サイズのもの、もう1つはポスト部分が長いロングポストシートです。年齢とともに身長が高くなり、シートが低く感じたら、身長に合わせてシートの高さを変えることができます。

1台あれば長く乗ることができるポイントがここにあります。

クッション入りハンドルバーパット採用

スポーツタイプのストライダーのハンドルには、クッション入りのハンドルバーパットがついています。見た目がかっこいいだけでなく、転倒時に胸・お腹をハンドルに打ち付ける衝撃を和らげてくれます。

全世界で200万台突破の実力!ストライダー

ストライダーには今回紹介したスポーツモデルと、少し安価なクラシックモデルがあります。クラシックモデルはシートが硬質プラスチック製で、シートポストは標準サイズのみ、ハンドルの直径が標準サイズ(スポーツモデルより太め)となっています。

クラシックモデルは本体のカラーが4色、スポーツモデルは7色の展開となっています。各パーツはいろいろなカラーのものがあり、カスタマイズや傷んだ部分の交換も可能です。純正のカラーパーツのみでもその組み合わせは23万通りにもなります。

まずは購入時のオリジナルでたくさん乗って、楽しみ方が分かってきたらいろいろと着せ替えて楽しむのもおすすめです。

名入れ オーダー プレゼント

【全世界200万台突破!】STRIDER :スポーツモデル《レッド》ストライダー正規品(※類似品にご注意ください) ランニングバイク ストライダージャパン公式ショップ 安心2年保証 送料無料 無料ラッピング キックバイク キッズバイク 子供 2歳 3歳 4歳 5歳
14580円 (税込)

プレゼント選びに人気のショップ

レディース財布・時計・バッグなら『La rumeur』

コーチ、グッチ、バーバリー、ケイト・スぺードなど人気ブランドのアイテムが勢揃い。ブランド物の財布やバッグをプレゼントするなら『La rumeur』で探してみましょう!

[カテゴリ]財布、バッグ、腕時計、アクセサリー

   

 - 生活用品・趣味